WIRED XYZ

wirdxyz12.jpgwiredxyz34.jpgwirdxyz56.jpg
WIRED XYZ D-01 hoshina’s Limited ワイヤード ザイズ D-01 星名一郎限定カラー

特徴について

SEIKO WIRED XYZのデジタルのファーストモデルです。特に、このモデルは2004年のグッドデザイン賞を受賞したモデルの特別カラー100個限定版になります。(WEB限定即日完売らしい。 シリアルナンバー:40番台/100)

「未来形と質感」という2つのイメージコンセプト をもって開発されただけあって、今まであまり見たことのない横長の斬新的なデザインとともに、細部にわたるディティールのこだわりを感じることが出来ます。特に元ビームス バイヤーである星名一郎氏が開発ディレクターとなり、こだわりの特別カラーモデルであるブルーミラーの文字盤とグレーのウレタンバンドを装着した本製品は、PC画面上で見ると、たいした特徴のない、むしろ少し野暮ったいものに見えますが、実際につけてみると、あら不思議、ミニマムでシンプルかつ、ほのかに上品な感じが漂ってきます。実際、自分はウレタンバンドの時計をビジネスシーンにはあまり付けていかないのですが、(安っぽく、バカっぽく見えるため。。。)このモデルはベルト自体もマットな質感に仕上げてあり、オンビジネスでも十分通用する稀な一本だと思います。(スーツに合わしたら、かなり個性的な人だと思われるだろうけど) ・・・とはいえ、定番のモノクロカラーのほうが断然カッコイイという意見もあり、こちらについても、よりシックな感じが十分でていると思います。

文字板については、ドットポイントにてデジタル数字を表現し、モード変換時に、街頭の電光掲示板のように文字をスクロールすることができます、また、時の流れの可視を具現化するために10秒1セットにて、棒グラフの波を表示しています。これは、よくテレビドラマの病院で患者が死ぬときのシーンで使われる、あの心拍数を測る機械のように、付けている人間の躍動感を感じさせる効果があり、また時計自体に生命感を持たせることにも成功していて、とても特徴的なギミックです。

とてもいい時計だということには異論はないのですが、ひとつだけ大きなお世話を。この時計、100個限定、レアものということで、購入者の満足はとても高いと思うのですが、マスプロダクション企業という観点でみて、世界のセイコーといわれるような会社が100個限定の商品をつくるなんてよくやるなあなんて単純に思います。なぜなら、会社として儲からないから。。。仮に1個単価1.5万円だとしても、100個で150万円也。全部売っても利益ベースで何十万円。WEB限定販売ということでさまざまな仕掛けを行いコストを抑えたとしても、たかが知れているだろうし、なんて、まあ限定色のバリエーションで購買意欲を煽るのは車でも何でも、昔からよくやる手法なんだけど、でも100個は少ないロットだよね。まあ要するに、企業である以上、適正な利益も確保した上で、これからも限定にあまり頼りすぎないで、だけど限定感(特別感?)をだすことで満足度の高い商品を造ってほしいなあ、と応援したいと思う次第です。

最後に、開発ディレクターの言葉がとても印象的なので引用させていただきます。

例えば、「2万円以下の時計なんてオモチャ」と言う人もいるけれど、それは違うと思います。何百万円もするモノもあるが、それとは比べられないと思います。それぞれの時計がどんな個性を持っているか、をきちんと見て欲しいです。 それと、当たり前ですが、単純に本能的に自分が「カッコいい」と思えるモノが一番です。それには、「流行・メジャー」を超越した価値が有ると思います。XYZはそういう存在になれるポテンシャルを持っています。 エグゼクティブディレクター 星名一郎(ほしないちろう)

品番:AMBA999
希望小売価格(税抜き価格) :¥15,750(¥15,000)
ケース:ステンレススチール
ガラス:シリンダーハードレックス(ガラス内面印刷部 ブルーミラー)
デジタルパネル色 :反転液晶(黒色ベース)
バンド本体/色:ウレタン/グレー
バックル:ステンレススチール
機能:フルオートカレンダー(日・曜日表示)/ワンタイムアラーム/デイリーアラーム/バックライト照明
防水性能:日常生活用防水
電池:寿命約2年
ケースサイズ(縦×横×厚み)mm: 30×45×11(mm)
全体重量(g):約74g

参考文献や引用元

  1. http://xyz.w-wired.com/product/hoshina/d_01_h_l/index.html
  2. http://xyz.w-wired.com/boa/g_design
  3. 書籍、文献名
  4. WEBサイトアドレス
  5. その他、情報源があれば

コミュニケーション & ディスカッション


掲示板アイコン.jpg






※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。








  • 最終更新:2014-07-22 00:59:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード