IX マヤ アンダーワールド

a00371c1db.jpg

De Bethune: IX マヤ アンダーワールド/2012の特徴について

マヤ文明の宇宙観におけるボロン・ヨクテ・クーの第9サイクルは、新しい世界の幕開けを意味します。この9番目の世界は、人間の意識レベルが頂点に達した時に出現します。

このマヤ暦における新世界への人類の歩みを記すため、そしてマヤ文明の学識に対する敬意を込めて、ドゥ・ベトゥーンは「IX マヤ アンダーワールド」を12本限定モデルとして発表しました。
ゴールドの文字盤はハンドエングレービングによるもので、31個のブルースチールパーツがその印象をより強めています。時間インデックスの表示はマヤ文明の数体系に倣ったもので、内側にはマヤ暦の日付を表す神、動物、物などが20体彫られています。

そして文字盤中央には、マヤの長期暦で144,000日に相当するバクトゥンを表わす象形文字が刻まれています。マヤ文明のミステリアスで高度な科学知識、そして新世界の到来に畏敬の念を表したモデルです。

略歴:時代背景や歴史について

(編集必要)本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。
(さらに開発秘話や開発裏話、当時の評判等の面白い話などがあれば記載)


関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-06-28 15:34:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード