リンク キャリバー

ddc8334c27.jpg

特徴について

19世紀後半から、クロノグラフは、小さく読みづらいカウンターや様々な情報を表示する込み合った文字盤に経過した時間を表示してきました。斬新で、自社開発製造の新しいキャリバーSムーブメントは、リンクのデザインの真の優雅さをより強調したリンク・クロノグラフを搭載し、高性能クロノグラフの分野においてもこれまで以上に機能性、操作性、可読性を高めています。

この真に革新的なムーブメントはスイス時計技術において画期的であり、タグ・ホイヤーが特許を取得している、ユニークな新しい基準のために、クオーツと機械式両方の技術の長所を融合させた傑出したクオーツ・メカニカル・クロノグラフです。

「ハイブリッド」エンジンが自動車にとって電気とガソリンの長所を活かした優れた組み合わせであるように、新技術はクロノグラフにとって優れた組み合わせであるのです。「キャリバーS」以前とそれ以降で堺ができるのです。キャリバーSは、2004年のモナコ・タグ・ホイヤーV4ベルト駆動機械式時計に相当する革新の到来をクロノグラフに告げました。

機械式ムーブメントのディスプレイ構造を模倣し続けている、今日市場に出ている初代クオーツ・クロノグラフとは異なり、このリンク・クロノグラフ・キャリバーSムーブメントは、クオーツ振動の究極の精度を機械式歯車の無敵の複雑な組み合わせと結び付け、時計とクロノグラフ機能を同じフルサイズの中央の針で計測し、表示します。

略歴:時代背景や歴史について

(編集必要)本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。
(さらに開発秘話や開発裏話、当時の評判等の面白い話などがあれば記載)


関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-06-28 19:01:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード