ブルースチール


【Blue steel】ステンレススチールに焼きを入れ、青色の酸化被膜を作った素材。時計の場合は針やネジに使用される。硬質になるばかりか、色合いの美しさから人気も高い。生産は非常に難しく焼くポジションによって焼き切れてしまうものもあるので大量生産はできない。・鉄に焼入れをして青みを付けた鋼。製造の際に何度も焼きを繰り返すためヒビが入ることが多く、貴重とされている。主に針やインデックス用に用いられる。・銀色のスティールに焼き入れし美しい青みを定着させたもの。針やネジの素材として伝統的に使われている。




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。






  • 最終更新:2014-06-20 22:50:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード