フィリップ デュボワ   Philippe Du Bois and Fils

phupipdeboaother930501.jpgphuiripudeboabrand_top_title.jpg

特徴について

デュボワ社の歴史は古く、正式に時計製造会社として登録されたのは1785年。当時から地道な製作を続け、その歴史に残る時計達は現代においても秀逸なセンスで人々を魅了している。その製品は世界中の博物館に保管されている。現在はコレクター向きの希少価値のある限定生産時計やドイツ市場へ向けたクロノグラフを主体として製造。とくにクロノグラフは、ドイツで最も有力な時計雑誌「UHREN」において、様々な価格帯の時計に対する「GOLDEN UNRUH」を3年連続で受賞している。

世界限定799本販売の「リバーストノー」は、搭載ムーブはFEF社製で、1930年代に製造されたムーブメントをジャッケ社が改良。手巻、19石、40時間パワーリザーブインジケーター、ムーンフェイズ付で、コート・ド・ジュネーブ仕上げが美しく、現代ではたいへん珍しいトノー型のムーブを搭載している。裏面はシースルーバックになっており、風防と共にサファイアガラスを使用。リューズには人工黒ルビーが装飾されている。

また非常に高級感のある上品なデザインの「COMOR」(コモール)は、フィリップ・デュボワが所有するブランド。デュボワは約15年程前にCOMORを買収。COMORは当時アンティークのムーブや珍しいデザインで知られており、そのイメージがデュボワとよく似合っていたので、現在でも特別なリミテッド・エディションの時計を出すときは"COMOR" を使用している。この時計は1930年代のアールデコデザインをイメージして製作。パワーリザーブとビッグデイトの付いた珍しいもので「1928年の建築士」という名前が付いている。

略歴:時代背景や歴史について

(編集必要)本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。
(さらに開発秘話や開発裏話、当時の評判等の面白い話などがあれば記載)

企業情報

創業年=1785年

創業者=フィリップ・デュボワ

創業地=スイス

関連する製品ラインについて




参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば

コミュニケーション & ディスカッション


掲示板アイコン.jpg






※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-09-05 22:28:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード