ビッグ・バン カーボン

hublotbigbancabonw11.jpg

HUBLOT ウブロ ビッグ・バン カーボン


素材を変化させることで新しい魅力を引き出す

1980年創業のウブロだが、快進撃の始まりは2004年にジャン=クロード・ビバー(現会長)がCEOに就任してから。多くの時計ブランドを立て直してきた“時計界のレジェンド”は、着任していきなり「フュージョン(融合)」というコンセプトを提案。構造や素材、デザインなどを融合させる「ビッグ・バン」を2005年のバーゼルワールドにて発表する。このモデルは大成功を収め、売り上げは“5年で10倍”にもなったそう。今回紹介するモデルはその派生版。ケースやベゼルをブラックカーボンファイバーで製作し、軽量で頑強、タフなルックスに仕上がった。もはや定番となったビッグ・バンだが、さらなる前進が続きそうだ。

自動巻き、カーボンファイバーケース×ラバーストラップ、44mm径。¥1,806,000


  • 最終更新:2014-08-17 23:50:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード