ノモス    NOMOS

nomos2.jpeg

特徴について

ノモス(NOMOS)は1906年、グイド・ミラーによりドイツの時計産業の聖地ザクセン州グラスヒュッテにて設立。高級時計ブランドとして展開したノモス(NOMOS)であったが、第二次世界大戦後、ドイツが東西に分断されると間もなく国営企業とされ、事実上休業状態に追い込まれた。そして時は経ち、ベルリンの壁崩壊後の1992年、旧西ドイツでデザイナーとして活躍していたローランド・シュベルトナーが、理想の時計作りを目指し、ノモス(NOMOS)を再興させた。

ノモス(NOMOS)を一躍有名にした、シンプルで無駄のない美しいデザインと精度の高さは、ドイツの造形芸術学校であるバウハウスが唱えた“Form follows function=形状は機能に従う”という精神を堅実に受け継いでいる。「秩序・規律」を意味するノモス(NOMOS)のウォッチは、流行に左右されないシンプルなデザインに、ETA7001のベースキャリバーに独自の改良・組み立てを行い、精度を高めたムーブメントを搭載。またそのムーブメントを3/4プレートで覆うという、グラスヒュッテの伝統的なスタイルも継承している。さらに2009年からは一部部品(テンプ、ルビー、メインスプリング等)を除き、全て自社で生産を行っている。また革ベルトは、タンニンなめしを施したシェルコードバンを採用。徹底的にこだわり抜く時計作りが多くの機械式時計ファンを魅了する。

復興後、ドイツの数々のデザイン賞を受賞したの「タンジェント」を皮切りに、青焼きに蛍光を施した針で、タンジェントよりもボリュームのある「タンジェントスポーツ」、ケースに丸みをもつ「ラドウィッグ」、バーインデックスを採用したクラシカルな印象の「オリオン」、スクウェアケースの「テトラ」など、シンプルながらもそれぞれに個性のあるシリーズを世に送りだしてきた。近年では、若者向けに開発された「クラブ」、高級ラインの「チューリッヒ」が新しくラインナップに加わっている。そしてどのモデルも、ノモス(NOMOS)の掲げる「デザイン・ハイクオリティー・リーズナブルプライス」に基づき、高い完成度で手頃な価格帯を実現している。

略歴:時代背景や歴史について

ドイツ時計産業の中心地グラスヒュッテで創業したノモスは、第二次大戦後に東側の共産政権下となったことで方向転換を強いられ、やがて休眠状態となる。

1992年、ローランド・シュベルトナーにより復興。

装飾的要素を極力排し、シンプルに徹したプレーンなデザインは、ドイツのバウハウスが唱えた"Form follows function(形状は機能に従う)"という理論を踏襲し、独自のニュアンスを加味している。

創業年に発表されたモデル「タンジェント」には、すでにシュベルトナーの理想が集約され、多数の賞を受賞した人気モデルとなっている。

ETA7001のベースキャリバーに独自の改良・組み立てを行い、精度を高めたムーブメントを搭載。またそのムーブメントを3/4プレートで覆うなど、グラスヒュッテならではの伝統的スタイルを受け継いでいる。

高度なデザイン性と、ドイツの伝統的な技術力、そして適正価格によって、時計愛好家の厚い支持を得ている。

企業情報

創業年=1992年

創業者=ローランド・シュベルトナー

創業地=ドイツ(グラスヒュッテ)

関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば

動画

Nomos Thierry Albert Video

コミュニケーション & ディスカッション


掲示板アイコン.jpg






※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-09-05 22:22:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード