ニコラ・リューセック モノプッシャー・クロノグラフ

dd769e589b.jpg

特徴について

このモデルは、モンブランが初めて自社内で開発・製作・組立てしたムーブメントを搭載しています。

この初の自社製キャリバーを搭載したモデルは歴史的な文字盤レイアウトを実現しており、その元となったインキング・クロノグラフの発明者ニコラ・リューセックの名を冠しています。彼は1821年、固定インデックスに取り付けられたマーカーが回転するディスクに経過時間を記す計時機器を発明しています。これによって、競馬において各々の馬がゴールする時間を別々に計測する事が可能になりました。この画期的発明に対して、時を意味する「Chronos」と、記す事を意味する「Graphein」を組み合わせた「クロノグラフ」という名前が与えられました。このモデルは2枚の回転ディスクを用いた彼の方式からインスパイアされたもので、さらに72時間のパワーリザーブを誇る2重香箱を搭載し、独自のクロノグラフに仕上がっています。美しく装飾されたキャリバーMB R100は、サファイアクリスタル越しに見えるようになっています。

略歴:時代背景や歴史について

(編集必要)本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。
(さらに開発秘話や開発裏話、当時の評判等の面白い話などがあれば記載)


関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-06-28 17:14:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード