トゥールビヨン クロノグラフ RM056 フェリペ・マッサ サファイア

45f01c7da5.jpg

特徴について

トゥールビヨン、時間、分、スプリットセコンド・クロノグラフ、パワーリザーブ表示、トルク・インジケーター、ファンクション・インジケーターを備えた手巻きキャリバーRMCC1を同じく搭載したモデルです。

このモデル最大の特徴はベゼル、ミドルケース、裏ブタのケース全てがサファイアの塊から切削加工によって作られている点です。その技術は驚嘆に値するもので、強烈なビジュアルを呈しています。サファイアという素材を使ってこの様に複雑な形状を実現化したのは世界で初めてです。サファイアのモース硬度は9.0でキズに対して優れた耐性があり、また地球上で最も硬い素材の1つとして知られています。そのため切削加工にはダイヤモンドを用いた特殊な切削工具が作られました。

略歴:時代背景や歴史について

(編集必要)本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。
(さらに開発秘話や開発裏話、当時の評判等の面白い話などがあれば記載)


関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-06-28 18:32:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード