チュチマ   TUTIMA

tutimaimages.jpegtutimaimages-3.jpegtutimaimages-2.jpegtutimaimages-1.jpeg

特徴について

高精度ミリタリーウォッチに定評があるドイツの時計ブランド。

1845年、"ドイツ時計産業の父"フェルナンド・アドルフ・ランゲがドイツのグラスヒュッテで開いた工房を源流とする。

1927年、ドクター・エルンスト・クルツにより、ドイツ時計関連会社の大合併が指揮され、「UFAGグラスヒュッテ社」が設立。同社が製造する最高精度の時計を、ラテン語で"精密"を意味する「TUTIMA(チュチマ)」の称号で呼んだ。

1941年、ドイツ帝国空軍の依頼を受け「フリーガークロノグラフ」を製造。世界初の制式軍用腕時計として約3万本納入された。

1960年、アシスタントであったディーター・デレカーテが経営を引き継ぎ、1983年に社名を「TUTIMA」に改める。

1986年、機能性・安全性・視認性など厳しい試験をクリアして、ドイツ空軍に「Ref.798-02 ミリタリー・クロノグラフ」が制式採用。89年にはNATO軍にも制式採用される。

パイロットウォッチの分野でも活躍を見せ、アメリカ・サンフランシスコではパイロットアカデミー(航空技術向上と安全を目的としたスクール)の主催を筆頭として、様々な航空関係業界や団体の支援、スポンサー活動を行う。

近年ではヨットシーンにも進出し、防水性・耐久性に優れた高精度なダイバーズウォッチを展開している。


略歴:時代背景や歴史について

(編集必要)本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。
(さらに開発秘話や開発裏話、当時の評判等の面白い話などがあれば記載)

企業情報

創業年=1845年

創業者=フェルナンド・アドルフ・ランゲ

創業地=ドイツ(グラスヒュッテ)

関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば

コミュニケーション & ディスカッション


掲示板アイコン.jpg






※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-09-05 22:42:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード