スント   SUUNTO

スマイル時計サンプル_20140615015927.jpg
※該当腕時計画像に差し替え



特徴について

スントの誕生は1936年。トーマス・ヴォホロネンの溶液充填コンパス発明に始まります。平らな地が氷と雪と深い森で覆われているフィンランドにあって、第二次世界大戦中の軍隊が所在地を把握するためには欠かせないものでした。「計測」はそれ以降、70年の成長をずっと支えてきているのです。そして運に任せざるを得なかった部分を、人々が環境に合わせて自分で管理できるものにしているのです。スントのコンパスは、林業、鉱業、測量などの正確な計測のために使用される精密機器の最大メーカーに成長しました。

略歴:時代背景や歴史について

スント社は、フィンランドのヴァンター市に本社を置き、スキー、ハイキング、ダイビング、セーリング、ゴルフなど豊富に網羅しているスポーツ機器製造のトップメーカー。いまやダイビングコンピューターで世界トップシェアを誇るスポーツコンピューターブランドである。高度や気圧を計測・表示するアウトドアモデルをはじめ、心拍数や消費カロリーを計測するトレーニングモデル、その他マリンスポーツやゴルフ、スノースポーツなどに役立つスポーツウォッチを数多く開発。特に、1998年の「スントヴェクター」の登場から、スポーツコンピューターは同社の中でも重要な分野となった。

スントの時計は、本格的アスリートから体を動かす事を楽しむ人まで、すべてのスポーツマンが対象。心拍計機能スントTシリーズ全機種は身体状況・スントPODは距離・スピードのデーターが得られ心拍数からのスピードや距離などの身体運動負荷を見ることにより、最適な運動負荷を知る事で効率よい運動を、またスント時計内データーはPCに転送し管理や分析する事が可能。スントベクターなどのスント・アウトドア用時計では、自然状況などの情報を得て安全なフィールド活動が可能である。

そのスントが培ってきた技術と機能性を凝縮させた決定版、といっても過言でないプロスペックを持つのが、2012年発表の計測機能を備えたスポーツウオッチ「スント Ambit」(アンビット)だ。GPS機能、高度計、気圧/温度計、3Dコンパス、心拍計測ベルトなどを用いたトレーニング機能、ストップウオッチ、ラップ機能、アラーム、消費カロリー表示、デュアルタイム表示、10気圧防水などがあり、対応できるシーンは、登山、自転車、トライアスロン、スキーなど、数多くのアウトドアシーンやアクティブスポーツで機能的に活用することができる。

企業情報

創業年=1936年

創業者=、トーマス・ヴォホロネン

創業地=フィンランド(ヴァンター)

関連する製品ラインについて




参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば

コミュニケーション & ディスカッション


掲示板アイコン.jpg






※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-09-05 22:39:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード