スワンネック緩急針


【Swan neck regulator】テンプの調速をさらに微調節することのできる、緩急針に付け加えられた板バネ。その形状が白鳥に似ていることからスワンネックと呼ばれるようになった。設置されているネジを絞めたり緩めたりすることで、緩急針の動きを微細に制御し微調整が行える仕組み。・緩急針を調整する金属バネが白鳥の首の形に似ている伝統的な部品。




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。






  • 最終更新:2014-06-20 22:03:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード