スモールセコンド


【Small second】文字盤上に時針、分針とは別に設置された、秒針用のインダイヤル。通常、秒針はセンターセコンドと呼ばれる機構で、時針、分針とともに、センターを軸にして回転しているが、スモールセコンドの場合、秒針のみを単独で表示するため、秒単位の視認性を高めることができる。また、クロノグラフの場合、通常の時計で秒針が設置されている場所にクロノグラフ秒針が設置されているため、秒針はスモールセコンドを採用していることが多い。・時計の中心ではなく、インダイヤルに配置された秒針のこと。スプリットセコンドともいう。・インダイヤルに配置された60秒針のことを指し、略して「スモセコ」とも呼ばれることも多い。・小文字盤上で秒針だけを表示するタイプの時計。




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。






  • 最終更新:2014-06-20 22:01:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード