スピーク マリン   SPEAKE-MARIN

spikumarin04.jpgspikmarin01_01.jpg

特徴について

「スピーク・マリン」は、独立時計師ピーター・スピーク・マリンによって、2000年に誕生したる独自ブランド。1968年生まれのマリンは、時計学校の名門WOSTEPを卒業した後、ロンドンでアンティーク時計の修復を行い、その後、複雑時計のムーブメントメーカー「ルノー・エ・パピ」に入社し腕を磨いた。2000年に独立した後、自ら母なる時計と呼ぶ「ファウンデーション・ウォッチ」を開発。そのデザインを元に時計ブランド「スピーク・マリン」を立ち上げた。

ブランドの立ち上げ後、オリジナルウオッチのデビューは、2004年に発表した「ピカデリー」。その後、日本の顧客の要望で製作した一本針の「Shimoda」モデルや、ポインターデイト機構を採用した「サーペント・カレンダー」などを発表してコレクションを拡充し、自社製ムーブメントを搭載する「マリン1」および「マリン2」を発表。着実にキャリアを積み上げた。

2012年には、「ピカデリー」モデルをベースとした新たなコレクション「ルネッサンス(Renaissance )」を発表。「ファウンデーション・ウォッチ」に採用された手動旋盤のハンドルをモチーフとするトゥールビヨン・ケージや、華麗なハンドエングレービング、そしてブルースチール仕上げの力強い針が印象的だ。一方、創業時から一貫して人気の高い「サーペント」シリーズでは、「ニュー サーペント カレンダー(New Serpent Calendar)」を発表。ベースムーブメントを替え、各部をブラッシュアップし、従来はビスが留まっていた文字盤6時位置にトゥールビヨン・ケージをイメージしたロゴを入れた。このモチーフは他のモデルにも採用されており、スピーク・マリンの新しいアイコンとなるものだ。

スピーク マリンへのインタビュー

  独立時計師ピーター・スピーク・マリン。彼は2004年に「ピカデリー」でデビュー。その後、日本の顧客の要望で製作した一本針の「Shimoda」モデルや、ポインターデイト機構を採用した「サーペント・カレンダー」などを発表してコレクションを拡充し、自社製ムーブメントを搭載する「マリン1」および「マリン2」を発表。着実にキャリアを積み上げている。

  そのピーターが、自らのブランド「スピーク・マリン(SPEAKE-MARIN)」のさらなる確立を目指して製作した新作「ルネッサンス トゥールビヨン ミニッツリピーター(Renaissance Tourbillon Minute Repeater)」を携えて来日した。

「今回は、7月4日にスイスを出発して三週間、香港からスタートし、マカオ、上海、シンガポール、クアラルンプール、ハノイ、日本とアジア各国を訪ねて、今日は(インタビューは2012年7月24日に行われた)その最終日。私はアジアが大好きですし、素晴らしい体験を通して、確かな成果が得られました」

  では、ピーターが自ら携えた「ルネッサンス」を見てみよう。

  "ルネッサンス"とは"再生"の意味だが、その名の通り、この作品でピーターは、彼の作品の原点である古典時計を再解釈した。ベースは、デビュー当時からの人気モデル「ピカデリー」。シンプルなシリンダー型ケースに、力強さ溢れるラグを継承。この特徴あるケースに収められるのは、ジュネーブの複雑時計開発工房「ラ・ファブリック・デュ・タン」と共同開発した新型ムーブメントである。

「このモデルは『独立時計師ピーター・スピーク・マリン』が、時計ブランド『スピーク・マリン』として再スタートするための戦略的な作品です。このモデルにはトゥールビヨンとミニッツリピーターという、これまで私が積み上げてきた要素を取り入れました。最大の特徴は、音の大きさ。これはムーブメントとケースのサイズに由来します。また、装飾にも力を入れ、エングレービングには欧州の文化と東洋の文化を反映させました」

  その説明通り、「ルネッサンス トゥールビヨン ミニッツリピーター」は、ピーターらしさをふんだんに盛り込んだ意欲作である。

 新型ムーブメント「Cal.EROS 1」の自動巻きローターは、ブルーPVD加工が施された特徴的なアームで支えられる。このアーム形状は、「ファウンデーション・ウォッチ」を原点とし、スピーク・マリンのトゥールビヨン・ケージにも採用されている。
新型ムーブメント「Cal.EROS 1」の自動巻きローターは、ブルーPVD加工が施された特徴的なアームで支えられる。このアーム形状は、「ファウンデーション・ウォッチ」を原点とし、スピーク・マリンのトゥールビヨン・ケージにも採用されている。

「スピーク・マリン」の"再生"に伴い、創業時から人気の高いポインターデイト機構を備えた「サーペント カレンダー」が、「ニュー サーペント カレンダー(New Serpent Calendar)」に進化した。 このモデルは"サーペント(大蛇)"を思わせる曲がりくねった針(サーペント・ハンド)を指針式日付表示に採用した点が特徴だ。

「デビュー時から作っているモデルですが、少しずつ進化してきました」と説明するピーター。最初のモデルは、サーペント・ハンドが大きく時分針と混同しやすいため縮小し、さらに時分針と重なっても日付が確認できるよう、誇張されたカーブを描く。

「新作の『ニュー サーペント カレンダー』では、 ケースが薄くなり、ムーブメントがETA製からテクノタイム製をベースに大幅に手を入れ、精度も美観も別物となった『Cal.EROS 1』を搭載しました。また、従来はビスが留まっていた文字盤6時位置にトゥールビヨン・ケージをイメージしたシンボルを入れました」

  このシンボルは、ピーターが独立創業前に製作した「ファウンデーション・ウォッチ」のトゥールビヨン・ケージの形状だが、元々は、かつて時計作りに用いた手動旋盤のハンドルがモチーフ。同じ意匠は自動巻きローターにも見られる。

  自身の特徴をアピールする戦略的な作品を発表し、市場の拡大とさらなる人気の獲得を目指すスピーク・マリン。

  だが、規模の拡大には慎重だ。

「独立時計師がブランド化していくには悪い前例があるだけに慎重です。でも、私の展望はシンプル。『時計を作りたい』。それだけ。もちろん今は独立時計師にとって厳しい時代。単に時計を作っているだけではダメで、ブランドを確立できなければ生き残れません。今回の"再生"は、そのための布石なのです」

  明確なビジョンを持ってブランドの確立を目指すピーターだが、このようなツアーは今後、縮小したいとも語る。

「現在、工房はジュネーブとローザンヌの中間にあるニヨンの近く。スタッフは10名で、うち時計師は私を含めて4名います。今後は広報とマーケティングのチームを強化・独立させ、私は製作に専念し、原点に戻ろうと思います」

  もはや"独立時計師"というだけでもてはやされる時代は終わりを告げた。

企業情報

創業年=2000年

創業者=ピーター・スピーク・マリン

創業地=イギリス

関連する製品ラインについて




参考文献や引用元

  1. http://www.gressive.jp/special/interview/201210-speake-marin/
  2. 書籍、文献名(編集必要)
  3. WEBサイトアドレス
  4. その他、情報源があれば

コミュニケーション & ディスカッション


掲示板アイコン.jpg






※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-09-05 22:37:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード