シースルーバック(裏スケルトン)


【Seethrough back】裏蓋にサファイアクリスタルなどの透明な素材を使用した意匠。外からでもムーヴメントの駆動や、仕上げを鑑賞することができ、時計愛好家から人気が高い。裏スケルトン、スケルトンバックなどと呼ばれることもある。・時計の裏側がガラスになっていて中の機械が見える仕様。裏スケルトンとも呼ぶ。・裏蓋にサファイヤクリスタル・ガラスなど透明な素材を使用すること。ムーブメントの緻密な機構や精緻な動きを、時計の裏側から楽しむ事ができる。機械式高級クロノグラフや、複雑時計に多く見られる。など、ダイヤルにもガラスなどを用いて、表裏両面からムーブメントを臨める仕様は、両面スケルトンとも呼ばれる。




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。






  • 最終更新:2014-06-20 00:49:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード