コレクション・ヴィルレ1858 グラン・トゥールビヨン ウール・ミステリューズ

65d8654d90.jpg

特徴について

このモデルの見過ごせない特徴の1つは、文字盤を大きく占めたトゥールビヨンです。

縦姿勢における姿勢差を排除する驚異的機構トゥールビヨンは、あらゆる機構の中でも最高峰であり、

現代でもトップレベルのウォッチメーカー達の技術と経験が求められます。トゥールビヨンは12時位置に配置され、ムーブメント上を回転します。

文字盤をくり抜いた部分は時間表示のインダイヤルとほぼ同じ大きさを占めており、このモデルにおけるトゥールビヨンの重要性を示しています。スチール製のトゥールビヨン・ブリッジは8の字が左右に伸びて重なる凝った形状になっており、無限のシンボル「∞」を表しています。ブリッジやキャリッジのスチール部品は全て金属の塊から成形されたもので、手作業によって成形、面取り、研磨が行われています。その作業には1つのトゥールビヨンにつき3週間を要し、熟練ウォッチメーカーだけがその作業に当たる事ができます。

このモデルが初めて発表された時は、時分針が宙に浮いているかの様なミステリー表示によってセンセーションを巻き起こしました。2本の針はクリスタル製ディスク上に描かれており、ムーブメントによって回転させられています。ムーブメントはケースの上側に配置されており、隣にある時間表示機構は文字盤に隠れて見えないディスク外周に取り付けられた歯車に動力を伝えています。同じ原理を用いたモデルもありますが、インダイヤルの背景は透明ではなく鏡面仕上げになっています。2枚の薄い透明なディスクの表面には、それぞれ時針と分針が描かれています。視点を変えて見ると、背景に写った針の上で宙に浮かんでいる様に見えます。

略歴:時代背景や歴史について

(編集必要)本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。本文テキスト。
(さらに開発秘話や開発裏話、当時の評判等の面白い話などがあれば記載)


関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-06-28 17:13:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード