クロノファイター

kuronofaitaUnknown.jpegkuronofaitaUnknown-1.jpegkuronofaitaimages.jpegkuronofaitaimages-1.jpeg

グラハム クロノファイターの特徴について

一度みたら絶対忘れられなくなる時計があります。 グラハム クロノファイターはその代表格といっても過言ではありません。 クロノグラフの発明者として英国が誇る、18世紀の時計師 ジョージ・グラハムの名前を冠した「グラハム」のブランドが登場したのが1995年、そして日本に上陸したのが2002年です。このグラハムの代表モデルであるクロノファイターは、左リューズ、大型のクロノ操作レバーを装備した他に類を見ないデザインにより、圧倒的な存在感を持ち、一躍人気モデルとなりました。 このクロノファイターの左リューズと大型クロノ操作レバーは、イギリス空軍のパイロットの提案より生れました。高い高度で飛行中に手袋をしたまま、時間の計測ができるように考案されたものでした。
  また、右手の親指を使うことは、人間工学的に見て、レバーを瞬時に操作することに適しています。 クロノグラフのスタート、ストップの機能はリューズボタンに組み込まれ、どちらの操作もこのレバー1つで簡単に行えるようになっています。 横2つのスモール積算ダイアルを備えたこのモデルは、視認性も抜群で、ケース素材や文字盤でいくつかのバリエーションがあります。「クロノファイター ナイト オブ ハリケーン」はイギリス空軍の第二次世界大戦時の単発戦闘機、ホーカー・ハリケーンの夜間爆撃機のイメージからデザインされ、文字盤やベゼル、ベルトにカーボン素材を使用し、SSケース250本、YG (イエローゴールド)ケース30本の限定と生産となっています。また、ノルマンディー上陸60周年を記念した「クロノファイターオーバーロード」(オーバーロードはノルマンディー上陸の作戦名)はインダイアルに英国戦闘機スピッツファイアのシンボルマークである赤、青、黄色の3重円をあしらっており、250本限定です。

関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. http://www.maru24.net/page/6
  2. 書籍、文献名(編集必要)
  3. WEBサイトアドレス
  4. その他、情報源があれば




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-06-27 20:41:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード