キネティックオートリレー


セイコーのキネティックに節電機構を搭載したもの。腕時計を72時間以上使用しないと、自動的に節電状態に入り針が止まるが、ICでは時を刻み続け、腕時計を動かすとキネティックムーヴメントも復活。現在時刻に復帰する。




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。






  • 最終更新:2014-06-20 00:18:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード