カボション


【Cabochon】リューズの先端などに取り付けられた宝石。カボションとはフランス語で「曲面状に磨いた宝石」を意味する。サファイア、ルビーなどが一般的。また、実際に宝石を使用していない場合でも、同様の形状を持つ装飾をカボションと呼ぶ場合もある。・リューズの先端に埋め込まれたサファイヤなどの宝石による装飾のこと。フランス語で「磨いた宝石」の意。宝飾時計の代名詞であるカルティエが数多く採用している。・カットせずに丸く磨いて仕上げた宝石。リューズ等にセットされる。




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。






  • 最終更新:2014-06-20 00:15:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード