オリエント    ORIENT

orienturl022em-1.jpgorientURL010EU.jpgOrientStarClassicWZ0111EL02.jpgorientimg55996459.jpg

特徴について

「オリエント」は、東京に本社を置くオリエント時計の社名である。同社はスイス時計と差別化を図るために、高品質で、低価格、個性的なデザインで人気を博し、逆転時計「サザンクロス」や世界初のさわるデジタル時計「タッチトロン」などの独創的な商品、さらに本格ダイバーズウオッチ「M-フォース」、フラッグシップブランド「ロイヤルオリエント」など根強い人気を誇る時計も知られている。

1951年に、オーバルケースの「オリエントスター」(90年代末に復活)、58年にはライト機能搭載の「ルミナス」など独特のセンスによる強烈なデザインを打ち出した。1970年代にはクォーツ時計の比率を高め、アラーム腕時計「デジタル三世」、低価格腕時計「デジタルエース」などのヒット商品を生みだした。

逆転時計「サザンクロス」は、クォーツ・ムーブ開発時に単純なミスで針が反時計回りに動くサンプルがあったのをヒントに、南半球の空を想像して商品化した時計である。1980年代にはクォーツが中心になったが、1990年代末には機械式時計ブランド「オリエントスター」を復活させ、安価だが比較的精度の高い機械式ムーブに特徴のあるデザインや、ぜんまい残量を示すリザーブメーターを付けた事から次第に売り上げを伸ばし、2000年代前半には普及機から高級機まで機械式時計のラインナップを揃え、往年の名作の復刻シリーズも人気を呼んでいる。

略歴:時代背景や歴史について

かつてはウォッチ専業メーカーであったが、プリンタ事業や電子機器事業に進出し、2008年3月期には連結売上高の7割近くが時計以外の事業によるものとなっている。
ウォッチの分野では、機械式腕時計が全盛だった1970年代前半まで、独特のセンスによる強烈なデザイン[2]の腕時計を世に送りだしていた。1970年代にはクォーツ時計の比率を高め、アラーム腕時計「デジタル三世」、低価格腕時計「デジタルエース」などのヒット商品を生みだした。一時は機械式時計の開発を行わなくなったが、1990年代末には機械式時計ブランドの「オリエントスター」を復活させた。安価だが比較的精度の高い機械式ムーブに特徴のあるデザインや、ぜんまい残量を示すリザーブメーターを付けた事から次第に売り上げを伸ばし、2000年代前半には普及機から高級機まで機械式時計のラインナップを揃えた。2004年(平成16年)には1960年代の薄型自動巻ムーブを元に新規の自動巻ムーブを開発し、フラッグシップブランドである「ロイヤルオリエント」を復活、2007年(平成19年)時点では比較的単価の高い機械式時計が主力商品となっており、クォーツの比率は低くなっている。
1978年(昭和53年)にはクロックメーカーの東京時計製造株式会社を買収し、クロック分野に進出したが、後に撤退している。
1980年代はイメージキャラクターにアイドル歌手を起用しており、岩崎良美、中森明菜、WinkらがテレビCMに出演していた。

企業情報

創業年=1901年
創業者=吉田庄五郎
創業地=日本(東京)

本社所在地 郵便番号:〒101-0021
東京都千代田区外神田二丁目4番4号 電波ビル
設立 1950年(昭和25年)7月13日
業種 電気機器
事業内容 時計、情報関連事業、電子デバイス事業
代表者 渡邉淳(代表取締役社長)
資本金 19億3,700万円(2008年3月31日時点)
売上高 単独:186億79万円
連結:307億1,301万円(2008年3月期)
総資産 単独:77億1,377万円
連結:148億5,819万円(2008年3月期)
従業員数 単独:128名 連結:732名(2008年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 セイコーエプソン

関連する製品ラインについて


参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば

コミュニケーション & ディスカッション


掲示板アイコン.jpg






※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-09-05 22:23:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード