オイスター

534dd2ff51.jpg

ロレックス オイスター 1926年の特徴について

1927年11月、メルセデス・グライツがロンドンからドーバー海峡を15時間15分かけて泳いで渡りました。その功績は新聞の一面を飾り、そして彼女が腕に着けていた時計は、その驚くべき防水性によって歴史に名を残す事になったのです。その時計こそ、ロレックスの創業者ハンス・ウィルスドルフが考案したものでした。彼はこの出来事から3年前に、初の防塵・防水時計を製作していたのです。そして1926年には初のネジ込みリュウズで特許を取得しました。

その時計はメディアや時計業界にセンセーションを巻き起こし、「オイスター」と言うふさわしい名前が与えられました。そしてオイスターは後にロレックスの代名詞となるのです。しかしロレックスとオイスターに真の栄光をもたらしたのはグライツが着けていた時計ではなく、その4年後の1931年に発表された別バージョンのモデルでしょう。それがロレックス初の自動巻きムーブメントを搭載した革新的モデル、オイスター・パーペチュアルだったのです。



関連する製品ラインについて



参考文献や引用元

  1. 書籍、文献名(編集必要)
  2. WEBサイトアドレス
  3. その他、情報源があれば




※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。









  • 最終更新:2014-06-28 08:58:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード