ウルベルク  URWERK

uruberujku841.jpgurweruku02.jpg

特徴について

  スイスの独創的な時計ブランドウルベルクは、強固な意志と独自の考えを持つ二人の人物により誕生いたしました。

  その一人、マスターウォッチメーカーのフェリックス・バウムガルトナーは、3代にわたる時計師一家に生まれ、時計学校を卒業後早くからトゥールビヨンやミニッツリピーターといった複雑機構の製作と修復を手掛け技術を磨きました。その技術をフォルムに表現するのはマーティン・フレイの優れた芸術性です。

  マーティンは1987年にルツェルンのアート&デザイン・スクールを卒業し、絵画から彫刻、そして映像制作に至るまで、あらゆる美的フォルムを極めたベテランのデザイナーです。偶然の出会いの中で時計へのパッションという共通点を見つけた二人は、1997年に時計界に登場して以来、その大胆なビジョンでオートオルロジュリーに一大旋風を巻き起こし、時計作りの伝統とノウハウを尊重しながらも、独自の自由奔放な姿勢を貫いています。
  この二人が最初に開発した腕時計は、17世紀にカンパヌス兄弟の制作したナイトクロックからインスピレーションを得たものです。この時計のアワー表示は、東から西に移動する太陽のように、回転ディスクに刻まれた数字が東の水平線上に現れ、弧を描いて移動しながら西に沈むという設定です。以後ウルベルクのDNAとなったワンダリングアワー(移動するアワー)は、100シリーズと200シリーズに受け継がれています。

  さらに2003年にはハリー・ウィンストンのOpus Ⅴを手掛け、彼らの名前が一躍世に広まりました。これらのコレクションはいずれも、非常に斬新な意匠、比類ない高度な技術が特徴です。

時計師へのインタビュー

  20年近くのキャリアを持ち、各方面から高い評価を得ながら、これまで我が国に正式に輸入されることのなかった独立時計師ブランドがある。それが「URWERK(ウルベルク)」。

  この希少なブランドの正式導入が先頃、ついに決定。そこでウルベルクの中心人物である時計師のフェリックス・バウムガルトナーさんと、デザイナーのマーティン・フレイさんが来日し、我々のインタビューに答えてくれた。

  そもそも「URWERK(ウルベルク)」とは、どんな意味か? まず「UR(ウルあるいはウア)」とはドイツ語で「原初の」という意味、「WERK(ベルク)」は工場。つまりウルベルクは「原工場」という意味だ。そして、「UR」に「H」を加えて「UHR」とすると発音は同じだが「時計」の意味になり、「UHRWERK」は「時計工場」。また「WERK」には「作品」という意味もあるので「時計ムーブメント」という意味にもなる。

  その「ウルベルク」が最初の試作品を完成させたのは1995年。そして2年後の1997年のバーゼル・フェアで、アカデミー(AHCI 独立時計師創作家協会)のメンバーとしてデビューを飾った。

「私たちは、新しいアプローチを17年前からやってきた、いわば“コンテンポラリー・ウォッチ(現代の時計)”のブランドであり、小さな規模で特別な時計を作ってきました。 従業員は15名。そのうち7名が時計師で、年間生産数は約150本です。そしてチューリヒに工作機械を設置した工房があって部品の製造を行い、それをジュネーブに持ち込んで仕上げと組み立てを行っています」(フェリックスさん。以下F)

「フェリックスは、大体ジュネーブにいますが、彼はサテライト(衛星)みたいに時々、チューリヒにやってくるのです。ちなみにスイスにはドイツ語圏とフランス語圏があって文化自体が違います。私はドイツ語圏の生まれで、両方の言葉が話せますが、やはりドイツ語のほうが得意です」(マーティンさん。以下M)

「私もドイツ語圏生まれです。祖父はIWCで働き、父はクロックの修理を手掛ける時計師でした。つまり私もマーティンもスイス・ジャーマン(スイスのドイツ語圏で生まれ育った人)です。ただ、フランス語圏とドイツ語圏それぞれに特徴があり、我々は両方の良い面を併せ持っていると思います。ドイツの文化は正確さを重んじ、フランスの文化は時計作りの歴史がある。そこで本社はジュネーブに置き、マーケティングもジュネーブで行いますが、ここにメリットがあります。そして我々はとても独特な存在で、創業者が時計師とアーティスト(デザイナー)という組み合わせもユニークです」(F)

「なによりも、我々の共通の理念は“新しいものを作り出すこと”なのです」(M)

  では一体、時計師とデザイナーという異色の組み合わせである彼らは、どのようにして出会ったのだろうか?


  時計師とデザイナーが創業した先進的なウォッチ・メーカー「ウルベルク」。ふたりの出会いとは一体、どのようなものだったのか?

「私が美術の勉強を始めた頃、フェリックスのいとこが私の同級生で、ホーム・パーティを開いた時、フェリックスと出会ったのです」(M)

「そう、でも最初は普通の友人だったね」(F)

「その頃、私はムービーを撮っていたので、時を刻むこと、そして時計にも関心があったので、フェリックスと出会い、彼の仕事に興味を覚えました。そこで一緒に高度な技術を小さなものに表現することに関心を持ち、時計作りを始めました。アートでは、時としてとても大きな作品を作りますが、時計は小さな機械ひとつに多くの人が関わるのが面白いと思ったことも理由のひとつです」(M)

  先ほども話に出たが、フェリックスさんの祖父はシャフハウゼンのIWCで働く時計師で、父も地元で時計店を営みクロックの修理を手がける時計師。こうして幼い頃から時計に囲まれて育ったフェリックスさんは、ソルトゥーンの時計学校で学んだ後、ジュネーブのスヴェン・アンデルセンの工房に入り、複雑時計に関する経験を積んだ。また、フェリックスさんの兄もIWCなどで働いた経験を持つ時計師で、当初、ウルベルクはフェリックスさんとその兄、マーティンさんの三人でスタートした。

「私は1995年に時計学校を卒業したのですが、当時、すでに複雑時計の作り方が確立され、時計師にとって新しいジャンルが残されていなかったのです。ここから、どうキャリアを築こうと考えましたが、なかなかそれが見つかりませんでした。そんな時、マーティンと出会い、現代的な方法論で新しい時計を作り出すことで次のドアを開けるんじゃないかと思い、それが私の新たなモチベーションになったのです」(F)


  彼らがモチーフとしたのは、フェリックスさんの兄がロンドンで働いていた時に出会った、ひとつの古典時計。17世紀に作られたその置時計(ローマのカンパヌス兄弟が法王アレッサンドロVII世の依頼で製作した『ナイト・クロック』)は、ジャンピングアワー式の時刻表示窓が円弧状に動きながら、その窓の位置で分をも表示する、いわゆる“ワンダリング・アワー”と呼ばれる特殊機構を備えていた。

  彼らはこれにヒントを得て、メカニズムを小型化し、腕時計に組み込むことを着想。それにマーティンさんの独創的な外装デザインを加えることで、これまでに無い斬新なウォッチを生み出した。

「我々の時計は外装デザインが特徴ですが、外見だけが突出しても成り立ちません。なにより独創的なのは表示方法です。これは古いクロックから取り入れたものなので、新しいものと古いものが相互に作用しています」(M)

  しかし、この表示機構を駆動するには強い力のゼンマイが不可欠。同時に輪列機構にも工夫がある。

「時刻の表示機構は通常の200倍も重量があり、駆動するには、それだけ強い力が必要です。同時に歯車の設計を特別なものにして伝導効率を向上させました。素材はアルミやピークポリマーという医療分野の素材。また表示ディスクの駆動用に非常に軽く動くマルタ十字(一定のインターバルで駆動する特殊機構)を装備しています」(F)

  この特殊な機構を包むのはマーティンさんがデザインした斬新な外装だ。

「この形状は視認性の高さと装着感の良さも目指しているんです。ケースの黒い部分はチタン。トップはステンレススチール。これは騎士の甲冑のイメージです。もともとスイスでは鍛冶屋が時計を作りましたから、時計と甲冑は近いものともいえます」(F)

  甲冑をイメージしたというだけあって、確かに厳ついフォルムだが、ひときわ目立つのがリューズである。

「これはどうしても大きなものを使いたかったんです。なぜならリューズは時計に命を吹き込む部品だから。大きいリューズでパワーを時計に注入するという意味を持たせました。しかし、大きくすればするほど通常の位置では腕に当たるので、この位置になりました」(M)

  さらにウルベルクのタイムピースは側面や裏面にも機能を持たせている。

「秒針とパワーリザーブ・インジケーターがケース側面にあり、バックはコントロール・ボードと呼んでいますが、テクニカルな部分を管理できます。ここにあるのが『オイルチェンジ・インジケーター』。時計が動いた時間、つまりランニング・タイムを表示し、これを確認することで次回のオーバーホールのタイミングがわかります」(F)


企業情報

創業年:
創始者:
創業地:
グループ:
本社:

海外ホームページ:http://
国内ホームページ:http://


関連する製品ラインについて




参考文献や引用元

  1. http://www.gressive.jp/special/interview/201407-urwerk/index.html
  2. 書籍、文献名(編集必要)
  3. WEBサイトアドレス
  4. その他、情報源があれば

動画

Urwerk 202 Twin Turbine Hammerhead Video

コミュニケーション & ディスカッション


掲示板アイコン.jpg






※このページは、書きかけの項目が含まれる為、加筆・訂正の協力者を求めています。編集に協力する方は、左上にある「WIKI編集ボタン」または、この下の「このページを編集する」リンクより認証した上で、編集してください。このサイトは、みなさんの知識と経験と善意で成り立っています。








  • 最終更新:2014-09-05 22:48:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード